×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一回目でかなりの痛みが軽減されその後、腰痛知らず、痛みのない生活をゲット

腰痛改善ストレッチ・腰痛体操「福辻式」TOP > 福辻式腰痛改善メソッド

福辻式腰痛改善メソッド

 

福辻独自の腰痛改善プログラム



福辻式腰痛改善「超簡単ストレッチで腰痛知らず」
今回のメインエクササイズです。このストレッチは、私自身が腰痛に悩み、試行錯誤の末に開発した、あらゆる腰痛に対応する、非常に効果の高いものです。私はこのストレッチを実践していますので、毎日数え切れない方の治療で、腰に大きな負担がかかっていても、何十年も腰痛知らずです。やり方も、本当に笑ってしまうほど簡単です。忙しい方や、面倒な方は、これだけを一日たったの5分やるだけでも大丈夫です。


福辻式腰痛改善「即効で痛みを取り除く、超簡単ストレッチ」
現在痛みがある場合は、まずはこれを実践して下さい。いつでもどこでも簡単に実践できるストレッチです。このストレッチは、腰の筋肉と脚の筋肉が連動していることを利用したもので、足のみを使うのですが、何故か腰椎周辺の筋肉にズンズン響くのを体感するでしょう。数分実践するだけでも、ずいぶんと痛みがスッキリと軽減されます。


福辻式腰痛改善「普段の生活習慣で痛みのない生活へ」
腰痛の根本原因は、ズバリ生活習慣です。実はちょっとしたことが腰痛の原因になっているのです。普段のちょっとした動作を工夫するだけなので、全く面倒ではありません。根本の生活習慣が改善されれば、今ある痛みが、徐々になくなり、腰痛解消後も、そう簡単に再び痛みが訪れることがありません。腰が痛い生活から開放されるのです。その方法をお教えします


福辻式腰痛改善「痛みスッキリなくなる!症状別、即効ツボの探し方と押し方」
痛みがある方は、まずはその痛みを即効で取り除いてしまいましょう。足を使うストレッチも非常に有効ですが、このツボを押すだけでも、数分後に痛みがかなり緩和され、楽になります。あなたにあった症状別に、腰痛に即効で効くツボの探し方と押し方お教えします。よくある書籍のイラストや写真などではわかり辛い、ツボの位置の確認や、効果的な押し方を、動画で、詳細に解説していますので効果的にツボを押すことができます。今までツボを押してもイマイチ体感がなかった方にこそ、試して頂きたいです。実はツボは、ただやみくもに押すだけでは効果はないのです。


福辻式腰痛改善「タイプ別、の痛みを取るツボ」
実は腰痛のタイプで押すツボが違います。立っていると痛い、歩いていると痛い、座っていると痛い、横に寝ていると痛い、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛・・などそれぞれ自分のタイプに合った、速攻の痛みを取り除くツボを紹介します。


福辻式腰痛改善「原因不明の腰痛はない。原因を知って、気持ちもラクに」
ずばり、原因不明の腰痛はありません。何をやっても改善されない腰痛・・病院や整体でも「原因不明」「治療は難しい」「定期的に通ってもらうしかない」と言われサジを投げられた・・何年も整体に通っているのに一向に改善されない・・ネットや書籍で調べると、すごく複雑で理解できないし不安になる・・そんな悩みや恐怖心を抱えている方は多くいらっしゃいます。そんな方でも、腰痛には明確な原因はあり、しかも非常に単純なことです


福辻式腰痛改善「実は危険な入浴!腰痛の方のための正しい入浴法」
ぎっくり腰で急な痛みがある、慢性的な痛みがある、痛みが和らいでいる・・このような状況別で、入浴方法は全く違います。場合によっては入浴は腰痛の痛みを悪化させる原因にもなります。症状別の正しい入浴方法を解説します。


福辻式腰痛改善「水分の取り方も腰痛に関係している」
水分はたくさんとったほうがいい、とよく言われますが実はこれは間違いです。あまり水分を取りすぎると体を冷やす原因になり、筋肉が硬直し、腰痛の痛みの原因になるのです。積極的に水分を取っている人は、水分のとり過ぎが腰の痛みを招いている可能性もあります。しかし、水分を取らな過ぎるのも良くありません。腰痛の方の水分の上手な取り方と、体内の水分を調整する、とても良い飲み物を紹介します。


福辻式腰痛改善「腰痛の正しい暖め方、冷やし方」
腰痛は症状によって、暖めた方が良い場合と。冷やした方が良い場合があります。これを間違えると、痛みが増して、大変なことになってしまうのですが、多くの人は間違えた暖め方、冷やし方をして、かえって腰痛を悪化させています。正しい暖め方、冷やし方をお伝えします。
福辻式腰痛改善

腰痛改善・解消「福辻式」

福辻式腰痛改善


 

 

 

  骨盤歪み改善で健康・骨盤美人 月経前症候群(PMS)の激しい苦痛をヨガで改善

 

「ヒートショック」防ぐには!寒暖の差が激しい時期に特に高齢者の場合、冬場の入浴は十分な注意が必要だ。脱衣所や浴室が冷え切っていると、浴槽の熱い湯との温度差で体に負担がかかり、「ヒートショック」のために命を落とす危険があります。「脱衣所や浴室を暖め、湯温はぬるめにして両者の温度差をなるべく小さくすることが重要」と説明する。脱衣所や浴室は18度以上、湯の温度は41度以下が目安だ。手軽に浴室を暖める方法として、「シャワーを使った給湯」を紹介する。湯温を少し高めに設定したシャワーで高い位置から浴槽に湯を入れ、湯気で暖まった浴室が冷めないうちに入浴する方法があります。